マリン・チリッチ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、男子シングルス準々決勝が行われ、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)が第7シードのA・ルブレフを5-7, 6-3, 6-4, 3-6, 7-6(10-2)のフルセットで破り、ベスト4進出を果たした。チリッチはこの勝利により、ビッグ4と並ぶ記録を達成した。

>>チリッチら全仏OP男子組合せ・結果<<

>>シフィオンテクvsカサトキナ 1ポイント速報<<

ルブレフとの4時間を超える激闘の末に、同大会で初めて4強入りを決めた元世界ランク3位のチリッチ。これで、R・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン)、N・ジョコビッチ(セルビア)、A・マレー(イギリス)と並んで、4大大会すべてで準決勝に進出した5人目のプレーヤーとなった。

これまでのグランドスラムでの戦績は135勝54敗。2014年大会のウィンブルドンで初めてタイトルを獲得し、計6回、4強入りを果たしている。

チリッチがこれまでにベスト4進出を決めたグランドスラムは以下の通り。

全豪オープン
2018年大会:準優勝
2010年大会:ベスト4進出

全仏オープン
2022年大会:ベスト4進出

ウィンブルドン
2017年大会:準優勝

全米オープン
2015年大会:ベスト4進出
2014年大会:優勝

なお、ルブレフに勝利したチリッチは準決勝で第8シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準々決勝で世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)を6-1, 4-6, 7-6 (7-2) 6-3で破っての勝ち上がり。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>