国枝慎吾とフェルナンデス
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は3日、車いすテニスの男子ダブルス準決勝が行われ、国枝慎吾/ G・フェルナンデス(アルゼンチン)組が第2シードのS・ウデ(フランス)/ N・パイファー(フランス)組を7-6 (7-0), 6-1のストレートで破り、シングルスに続き決勝進出を果たした。

>>ナダルvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ルードvsチリッチ 1ポイント速報<<

2日に行われたシングルス準決勝で16歳の小田凱人を6-2, 6-1のストレートで破り、4年ぶり8度目の優勝に王手をかけた国枝。ダブルスではフェルナンデスとペアを組み出場した。

この試合の第1セットでは互いに4度ずつブレークを奪い合うとタイブレークに突入。タイブレークでは国枝/フェルナンデス組が7ポイント連取し先行する。

続く第2セット、国枝/フェルナンデス組は第3ゲームでブレークに成功。そこから5ゲーム連取し1時間35分で勝利した。

勝利した国枝/フェルナンデス組は決勝で第1シードのA・ヒューエット(イギリス)/ G・リード(英国)組と対戦する。ヒューエット/リード組はD・カベルサスチ(スペイン)/ M・デ ラ プエンテ(スペイン)組を6-2, 3-6, [10-8]のフルセットで下しての勝ち上がり。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>