ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は3日、第5シードのR・ナダル(スペイン)と第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)の男子シングルス準決勝が行われ、第2セットの第12ゲーム途中でズベレフが転倒。右足を痛めメディカルタイムアウトを取るも試合続行はできず、ナダルが2020年以来2年ぶり14度目の優勝に王手をかけた。ナダルは試合後、コンディションに苦しんだことを明かした。

>>ナダルvsルード 全仏決勝1ポイント速報<<

>>ナダルら 全仏OP男子組合せ・結果<<

今大会の準々決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-2, 4-6, 6-2, 7-6 (7-4)で破り、6年連続15度目の準決勝進出を果たした世界ランク5位のナダル。

この試合の第1セット、ナダルは第1ゲームでいきなりブレークを許すも第8ゲームでブレークバックに成功。第10・第11ゲームでは両者ブレークチャンスを掴むも活かせず、タイブレークへ突入。4度のセットポイントを凌いだナダルが1時間34分の激闘の末に先行する。

続く第2セットではお互いにブレーク合戦に。4度ずつブレークを奪い合うと第12ゲームではズベレフが転倒。足首を痛めると車いすに乗って退場しメディカルタイムアウトを取る。その後、コートには松葉杖をついて戻る事態となり、試合続行はできず、約3時間で終了した。

男子プロテニス協会(ATP)は公式サイトでナダルのコメントを掲載。次のように試合を振り返った。

「肉体的には問題ないよ。もちろん今日はとても暑く、湿度の高いコンディションだった。試合中はアップダウンが激しかったけど、いいレベルのテニスで、いいポイントが取れたと思う。でも、湿度が高くて重いときは、ドライなコンディションよりも苦しむことになるね」

「彼(ズベレフ)は素晴らしいプレーで試合をスタートさせた。第1セットは奇跡的だったね。でも僕は常に戦い、解決策を見出そうとしていたんだ」

「僕のボールは、ここではいつも通りには弾まなかったね。だから、このコンディションでは、彼を押し返すことができなかった。彼はいつもクリーンなボールを打ってくる。でも、あの試合では、多くの場面で生き残ることができたよ」

勝利したナダルは決勝で第8シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準決勝で第20シードのM・チリッチ(クロアチア)を2-6, 6-4, 6-2, 6-2の逆転で破り、四大大会初の決勝進出を果たした。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>