アンディ・マレー
画像提供:Getty

男子テニスのサービトン・トロフィー(イギリス/サービトン、芝、ATPチャレンジャー)は4日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのA・マレー(イギリス)は第7シードのD・クドラ(アメリカ)に7-5, 6-7 (4-7), 3-6の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>ナダルvsルード 全仏決勝1ポイント速報<<

>>ナダルら 全仏OP男子組合せ・結果<<

同大会に出場するのが2004年以来18年ぶりとなった元世界ランク1位のマレー。

この日は、第2ゲームで最初のブレークを奪い序盤から3ゲームを連取。その後、ブレークバックを許すも第12ゲームで2度目のブレークに成功し第1セットを先行する。

第2セットでは互いにキープが続き、タイブレークへ突入すると、2度のミニブレークを奪われて1セットオールに。

追いつかれたマレーは、ファイナルセットの序盤にブレークチャンスを活かしきれずにいると、第6ゲームにブレークを許し、2時間35分の一戦に敗れた。世界ランク67位のマレーは1月のシドニー・テニス・クラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)以来となる大会決勝進出とはならなかった。

勝利したクドラは、決勝戦で第8シードのJ・トンプソン(オーストラリア)と対戦する。

また日本勢では世界ランク269位の杉田祐一が出場していたが、1回戦で世界ランク174位のR・ラーマナータン(インド)にフルセットの末に敗れた。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>