ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日、男子シングルス決勝が行われ、第5シードのR・ナダル(スペイン)が第8シードのC・ルード(ノルウェー)を6-3, 6-3, 6-0のストレートで破り、2020年以来2年ぶり14度目の優勝を果たすと共に自身が持つグランドスラム最多優勝記録を22勝に更新した。

>>ナダル優勝、全仏OP男子組合せ・結果<<

>>シフィオンテク優勝、全仏OP女子組合せ・結果<<

世界ランク5位のナダルは今大会の準決勝で第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対決。第2セット終盤でズベレフが負傷し途中棄権したため、勝ち上がりを決めた。

この試合の第1セット、ナダルは第2ゲームでブレークに成功。直後の第3ゲームでは2つのダブルフォルトを犯しブレークバックを許したものの、第4ゲームで再びブレークを奪う。その後はサービスキープが続きサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームをキープして先行する。

続く第2セットでは第1セットと同様にダブルフォルトもあり第4ゲームでブレークを許したナダルだったが、直後の第5ゲームでブレークバックに成功。12度のアンフォーストエラーを記録するなどミスが目立ったルードから5ゲーム連取に成功しセットカウント2−0と優勝に王手をかける。

迎えた第3セット、ナダルは1ゲームも取られることなく6ゲームを連取。ルードを圧倒し、全仏オープンでマッチ112勝と記録を更新して大会を終えた。

36歳のナダルはこの勝利により、1972年に34歳10か月で優勝したA・ヒメノ(スペイン)の記録を塗り替え史上最年長王者となった。さらにキャリアで初めて、同一シーズンで全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全仏オープンを制した。

また、今季ナダルは1月のメルボルン・サマーセット(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)と全豪オープン、アビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)を制しており、これで4勝目となった。

一方、敗れたルードは四大大会初優勝とはならなかった。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>