全仏OPでのノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:Getty

男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)のコーチであるG・イバニセビッチ(クロアチア)は、27日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でジョコビッチがタイトルを獲得するはずと自信を覗かせた。

ジョコビッチは前週の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に昨年王者として出場したが、準々決勝で第5シードのR・ナダル(スペイン)に2-6, 6-4, 2-6, 6-7 (4-7)で敗れ、4年連続12度目のベスト4進出ならず。2018年以来4年ぶりに準々決勝で姿を消した。

全仏オープンの公式サイトは6日にコーチであるイバニセビッチのコメントを掲載。『Tennis Majors』のインタビューに答え、ウィンブルドンに向けて次のように語った。

「彼はラファと同じように、ウィンブルドンで最も人気のある選手だよ。今はしっかり休んで、ウィンブルドンに向けて肉体的にも精神的にも準備する必要がある。僕は彼ならできると確信しているし、ウィンブルドンで優勝すると思っている。そうなる予感がするよ。彼は今、芝に集中する必要があるね」

ジョコビッチはウィンブルドンを6度制覇。昨年は決勝でM・ベレッティーニ(イタリア)を6-7 (4-7), 6-4, 6-4, 6-3の逆転で破り、2年ぶりの優勝を決めた。今大会は18回目の出場で7個目のタイトルとグランドスラム21勝目を目指す。