アンディ・マレー(サービトン・トロフィー時)
画像提供:Getty

男子テニスのボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は7日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク68位のA・マレー(イギリス)が予選勝者で同116位のC・オコネル(オーストラリア)を6-4, 6-3で下し、初戦を突破した。

元1位のマレーが母国イギリス以外のグラスコートの大会へ出場するのは、2005年7月のホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)以来、実に17年ぶりのこと。

マレーは前週行われたサービトン・トロフィー(イギリス/サービトン、芝、ATPチャレンジャー)で準決勝に進出。第7シードのD・クドラ(アメリカ)に7-5, 6-7 (4-7), 3-6の逆転で敗れるも、4強入りを果たした。

マレーとオコネルは2度目の顔合わせで、今年2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)の1回戦で対戦した際は、マレーが6-7 (4-7), 6-3, 7-5の逆転勝ちをおさめている。

マレーは第1セット、序盤3ゲームを連取されるも、第5、第7ゲームでブレークに成功して先取する。

第2セットでは1度もブレークを許さず、第3、第9ゲームでオコネルのサービスゲームを破り、1時間35分で勝利した。

マレーは2回戦で、第7シードで世界ランク42位のA・ブブリク(カザフスタン)か先週敗れている同77位のクドラのどちらかと対戦する。