ファーストリテイリング柳井正会長と錦織圭
画像提供:株式会社ユニクロ

男子テニスで世界ランク84位の錦織圭は9日、グローバルブランドアンバサダーを務めるユニクロの記者発表会に登場。日本テニス協会が主催する「全日本ジュニアテニス選手権」に、ユニクロが今年からタイトルスポンサーとして協賛するスポンサー契約の締結が発表され、錦織が同大会のアンバサダーに就任した。

「錦織圭選手とのパートナーシップ」をテーマとして行われた会見には、株式会社ファーストリテイリング グループ上席執行役員の柳井康治氏、株式会社ユニクロ アドバイザーの坂本正秀氏が登壇し、錦織は練習拠点のフロリダからオンラインで参加した。

会見の冒頭、柳井氏から錦織と所属契約を結んだことが発表され、2つ目の発表として全日本ジュニアへの協賛が発表された。同大会は今年、「ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権 」の大会名で開催される。

錦織は同大会のアンバサダー就任について、「今回、全日本ジュニアテニス選手権を大会アンバサダーとしてサポートすることになり、大変光栄に思います。この選手権は、私が世界を目指すターニングポイントとなった大切な大会です。本大会が多くの子どもたちにとって深い学びにつながり、私と同じように大きな夢を持つきっかけになることを願っています」とコメントした。



>>【ニューエラ】テニスコラボが実現!キャップ・Tシャツ先行予約を受付中<<