杉田祐一
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は11日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク274位の杉田祐一は予選第8シードのC・オコネル(オーストラリア)に1-6, 1-6のストレートで敗れ、初戦突破とはならなかった。

>>マレーvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

初の顔合わせとなったこの一戦。杉田は第2ゲームからブレークを奪われると、序盤から3ゲームを連取される。第6ゲームでもブレークを許し、わずか24分で先行される。

続く第2セットでも杉田はオコネルに圧倒される。第3・第5・第7ゲームでブレークを許し、6ゲームを連取され計1時間で同一戦に敗れた。

一方、勝利したオコネルは、予選決勝で世界ランク123位のA・ヒュースラー(スイス)と対戦する。ヒュースラーは予選1回戦で第2シードのA・リンデルクネシュ(フランス)を1-6, 7-6(7-3), 7-6(7-4)の逆転で下しての勝ち上がり。

なお、13日に本戦が開幕するテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は11日にシングルスの組み合わせを発表。

同大会の第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはS・チチパス(ギリシャ)、第3シードはA・ルブレフ、第4シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第5シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第6シードはP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第7シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第8シードはK・ハチャノフとなった。