大坂なおみ
画像提供:Getty

女子テニスの6月6日付WTA世界ランキングが発表され、大坂なおみは前回から変わらず43位となった。

今季13位からスタートした大坂は、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦敗退となり、同大会後には85位まで転落。

その後、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)では2回戦敗退となるも、翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)では準優勝を果たし、ランキングは30位台へ回復した。

クレーシーズンに入ると、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)で2回戦敗退。翌週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)は左足首の負傷により欠場した。

迎えた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では、1回戦で全豪オープンで敗れた第27シードのA・アニシモワ(アメリカ)と再戦。5-7, 4-6のストレート負けを喫した。

大坂は今週のベット1・オープン(ドイツ/ベルリン、芝、WTA500)に出場する予定だったが、12日に発表されたシングルスの組み合わせに名前は無く、欠場することが決まっている。

その他、上位陣では前週のリベマ・オープン(オランダ/ロスマーレン、芝、WTA250)で準優勝となったA・サバレンカが前回から1つ上げて5位に浮上している。

6月13日付の女子WTA世界ランキングの上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ -]…I・シフィオンテク(ポーランド)
8,631ポイント(8,631ポイント)

■2位[ - ]…A・コンタベイト(エストニア)
4,511ポイント(4,326ポイント)

■3位[ - ]…P・バドサ(スペイン)
4,245ポイント(4,245ポイント)

■4位[ - ]…O・ジャバー(チュニジア)
4,150ポイント(4,150ポイント)

■5位[ ↑1 ]…A・サバレンカ
4,145ポイント(3,966ポイント)

■6位[ ↓1 ]…M・サッカリ(ギリシャ)
4,075ポイント(4,016ポイント)

■7位[ - ]…Ka・プリスコバ(チェコ)
3,678ポイント(3,678ポイント)

■8位[ - ]…J・ペグラ(アメリカ)
3,255ポイント(3,255ポイント)

■9位[ - ]…D・コリンズ(アメリカ)
3,255ポイント(3,255ポイント)

■10位[ - ]…G・ムグルサ(スペイン)
3,060ポイント(3,060ポイント)