(左から)エイジャ・ムハンマドと柴原瑛菜
画像提供:Getty

女子テニスのベット1・オープン(ドイツ/ベルリン、芝、WTA500)は13日、ダブルス1回戦が行われ、第3シードの柴原瑛菜/ A・ムハンマド(アメリカ)組がJ・ニーマイヤー(ドイツ)/ A・ペトコビッチ(ドイツ)を6-3, 3-6, [10-8]のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

前週のノッティンガム・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、WTA250)では8強入りを果たした柴原/ムハンマド組。この試合の第1セットでは第3ゲームでブレークを許すも第4ゲームでブレークバックに成功。第8ゲームでもブレークを奪って先行する。

続く第2セット、柴原/ムハンマド組は第1ゲームでブレークに成功。しかし、直後の第2ゲームでブレークバックを許すと第8ゲームでもブレークを奪われ、セットカウント1−1に追いつかれる。

それでも迎えた10ポイントマッチのファイナルセットを制し、1時間28分で勝利した。

勝利した柴原/ムハンマド組は2回戦でS・イーファン(中国)/ Y・ザオシャン(中国)組とB・アンドレースク(カナダ)/ S・リシキ(ドイツ)組の勝者と対戦する。

柴原/ムハンマド組は今季、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)で準優勝。その後は4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)で2回戦敗退、前々週の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では3回戦敗退となっている。