ディエゴ・シュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は14日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)は世界ランク121位のS・クエリー(アメリカ)に1-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦突破とはならなかった。

全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では、N・ジョコビッチ(セルビア)に1-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れ4回戦で姿を消したシュワルツマン。

前日にはP・マルティネス(スペイン)とペアを組み、ダブルスに出場するもR・ボパンナ(インド)/ D・シャポバロフ(カナダ)組に敗れ、初戦敗退となっていた。

この日、世界ランク16位のシュワルツマンは2度のブレークから序盤に5ゲームを連取され第1セットを落とす。続く第2セット、第5ゲームに3度目のブレークを奪われ、わずか57分で力尽きた。

勝利したクエリーは2回戦で世界ランク33位のJ・ブルックスビー(アメリカ)か同48位のF・クライノビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

なお、今大会の第1シードはC・ルード(ノルウェー)、第2シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第3シードはC・ノリー(イギリス)、第4シードはT・フリッツ(アメリカ)、第5シードはシュワルツマン、第6シードはシャポバロフ、第7シードはM・チリッチ(クロアチア)、第8シードはR・オペルカ(アメリカ)となっている。