(左から)守屋と杉田
画像提供:ゲッティイメージズ

27日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は19日に男子シングルス予選の組み合わせを発表。日本勢では世界ランク246位の守屋宏紀と同272位の杉田祐一の2名が出場する。

ウィンブルドン予選は20日から始まり、3試合を勝ち抜くと本戦出場権が得られる。

2015年以来7年ぶり2度目の本戦出場を狙う31歳の守屋は予選1回戦で世界ランク181位のB・ゴヨ(クロアチア)。一方、2年連続7度目の本戦参加を目指す33歳の杉田は同190位のF・ガイオ(イタリア)と対戦する。

27日から始まる本戦には、西岡良仁とダニエル太郎のストレートインが確定している。