初戦突破を果たしたデ ミノー
画像提供:Getty

男子テニスのロスシー・インターナショナル(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)は20日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのA・デ ミノー(オーストラリア)が世界ランク44位のC・ガリン(チリ)を6-3, 6-3のストレートで破り、2年連続の初戦突破を果たした。

>>杉田 祐一vsガイオ 1ポイント速報<<

>>守屋 宏紀vsゴヨ 1ポイント速報<<

昨年大会王者のデ ミノーはこの試合の第1セット、第1ゲームでいきなりブレークに成功。第4ゲームでブレークバックを許すも第5・第9ゲームでブレークを奪って先行する。

続く第2セットでは互いにサービスキープが続くも、第5ゲームから3ゲーム連取に成功し1時間23分で勝利した。

勝利したデ ミノーは2回戦で世界ランク32位のL・ソネゴ(イタリア)と予選から勝ち上がった同77位のJ・ダックワース(オーストラリア)の勝者と対戦する。

同日には、第5シードのR・オペルカ(アメリカ)が同60位のM・クレッシー(アメリカ)にストレートで敗れ、初戦敗退となっている。