全仏OPでのイガ・シフィオンテク
画像提供:Getty

27日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は21日に男女各32シードを発表。女子の第1シードはI・シフィオンテク(ポーランド)となった。

>>内藤vsラザロ ガルシア 1ポイント速報<<

>>内島vsフェロ 1ポイント速報<<

今年のウィンブルドンはウクライナのロシア侵攻を受けて、「このような不当かつ前例のない軍事的侵略の状況下で、ロシア政権がロシアやベラルーシの選手の参加によって、何らかの利益を得ることは容認できない。したがって、私たちは遺憾の意を表明し、ロシアとベラルーシの選手が2022年の同大会にエントリーすることを拒否する」と4月20日に公式発表。

また、男子プロテニス協会のATPと女子テニス協会のWTAはウィンブルドンの声明発表と同日に「2022年大会のウィンブルドンでのランキングポイントの廃止」を公式に決定している。

ロシアやベラルーシ出身の選手を除き欠場する主な選手は、脚を負傷した世界ランク43位の大坂なおみ、2020年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)女王のS・ケニン(アメリカ)、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を果たしたL・フェルナンデス(カナダ)となっている。

32シードは以下の通り

【女子】
第1シード:シフィオンテク
第2シード:A・コンタベイト(エストニア)
第3シード:O・ジャバー(チュニジア)
第4シード:P・バドサ(スペイン)
第5シード:M・サッカリ(ギリシャ)
第6シード:Ka・プリスコバ(チェコ)
第7シード:D・コリンズ(アメリカ)
第8シード:J・ペグラ(アメリカ)
第9シード:G・ムグルサ(スペイン)
第10シード:E・ラドゥカヌ(イギリス)
第11シード:C・ガウフ(アメリカ)
第12シード:J・オスタペンコ(ラトビア)
第13シード:B・クレチコバ(チェコ)
第14シード:B・ベンチッチ(スイス)
第15シード:A・ケルバー(ドイツ)
第16シード:S・ハレプ(ルーマニア)
第17シード:E・リバキナ(カザフスタン)
第18シード:J・タイシュマン(スイス)
第19シード:M・キーズ(アメリカ)
第20シード:A・アニシモワ(アメリカ)
第21シード:C・ジョルジ(イタリア)
第22シード:M・トレヴィサン(イタリア)
第23シード:B・ハダッド=マイア(ブラジル)
第24シード:E・メルテンス(ベルギー)
第25シード:P・クヴィトバ(チェコ)
第26シード:S・シルステア(ルーマニア)
第27シード:Y・プチンセワ(カザフスタン)
第28シード:A・リスケ(アメリカ)
第29シード:A・カリーニナ(ウクライナ)
第30シード:S・ロジャース(アメリカ)
第31シード:K・カネピ(エストニア)
第32シード:S・ソリベス=トルモ(スペイン)