内藤祐希
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は21日、女子シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク193位の内藤祐希が同201位のA・ラザロ ガルシア(スペイン)を1-6, 6-1, 2-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>内島vsフェロ 1ポイント速報<<

3試合に勝利すると本戦に出場できるこの予選。内藤は今大会がウィンブルドン初挑戦となった。

この試合の第1セット、第1ゲームでブレークを許した内藤。第4ゲームから4ゲーム連取を許し先行される。しかし、続く第2セットでは第3ゲームでブレークに成功すると6ゲームを連取してセットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセット、第1ゲームでいきなりブレークを許した内藤。直後の第2ゲームでブレークバックに成功するも第3・第7ゲームでブレークを奪われ、1時間22分で力尽きた。

勝利したラザロは予選2回戦で第14シードのL・ケルクホーフェ(オランダ)と世界ランク350位のL・ボスコヴィッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

日本勢では内藤の他に、世界ランク138位の本玉真唯と同180位の内島萌夏が出場。本玉は同295位のS・ワグナー(ドイツ)を7-5, 6-2のストレートで下して初戦突破、内島は同150位のF・フェロ(フランス)と1回戦で顔を合わせる。