2021年の望月慎太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアスプリア・テニス・カップ(イタリア/ミラノ、クレー、ATPチャレンジャー)は21日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク386位の望月慎太郎が同283位のA・ポールソン(チェコ)を6-0, 6-1のストレートで破り、初戦突破を果たした。

予選決勝で世界ランク459位のF・ポリウォ(ポーランド)にフルセットの末に敗れていた望月だったが本戦出場者に欠場が出たため、ラッキールーザーでの出場が決定した。

この試合の第1セットでは第1ゲームでいきなりブレークに成功した望月。1ゲームも取られることなく、わずか23分で先行する。続く第2セット、第1ゲームでブレークに成功すると序盤で4ゲームを連取。第7ゲームでもブレークに成功して1時間4分で勝利した。

勝利した望月は2回戦で世界ランク578位のG・フェッラーリ(イタリア)と対戦する。フェッラーリは1回戦で同289位のM・ジャンビエ(フランス)を1-6, 7-6 (7-5), 6-3の逆転で下しての勝ち上がり。

望月は今季、チャレンジャー大会に11度出場。最高成績は4月のアグアスカリエンテス・チャレンジャー(メキシコ/アグアスカリエンテス、クレー、チャレンジャー)とモレロス・オープン(メキシコ/モレロス、ハード、ATPチャレンジャー)での2回戦進出となっている。

また、ツアー大会では3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)に予選から出場したものの、予選2回戦でM・ククシュキン(カザフスタン)にストレート負けを喫し、本戦出場を逃している。