テイラー・フリッツ
画像提供:Getty

男子テニスのロスシー・インターナショナル(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)は23日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのT・フリッツ(アメリカ)が世界ランク39位のA・ブブリク(カザフスタン)を6-3, 6-2のストレートで破り、今季ツアー2度目のベスト4進出を決めた。

2回戦では予選から勝ち上がった世界ランク94位のT・モンテイロ(ブラジル)を7-5, 6-3のストレートで破っていたフリッツ。この試合ではファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得すると、サービスゲームで1度もブレークチャンスを与えずに1時間6分で快勝した。

勝利したフリッツは準決勝で世界ランク24位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは準々決勝で同35位のT・ポール(アメリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には、世界ランク60位のM・クレッシー(アメリカ)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している同108位のJ・ドレイパー(イギリス)が4強入りを決めた。

[PR]ウィンブルドン前哨戦!ATP250 イーストボーン国際
WOWOWオンデマンドで配信中!

ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>