西岡良仁、ダニエル太郎
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は24日、男子シングルスの本戦ドローが発表され、本戦から出場する世界ランク101位の西岡良仁と同123位のダニエル太郎の1回戦の対戦相手が決まった。

>>西岡、ダニエルらウィンブルドン男子 組合せ<<

西岡は昨年、1回戦でJ・イズナー(アメリカ)を7-6 (7-5), 2-6, 6-3, 6-7 (3-7), 6-4のフルセットに及ぶ激戦の末に破り、自身初の2回戦に進出した。今年は1回戦で世界ランク48位のE・ルースブオリ(フィンランド)と対戦する。

4年ぶりにウィンブルドンに出場するダニエルは、1回戦で第31シードのS・バエス(アルゼンチン)と対戦する。ダニエルはこれまで5度出場するも、2014年と2015年は予選1回戦敗退、2016年から2018年は本戦ストレートインで初戦敗退を喫しており、初の1回戦突破を狙う。

また第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は初戦で世界ランク75位のクォン・スンウ(韓国)と、第2シードのR・ナダル(スペイン)は1回戦で世界ランク42位のF・セルンドロ(アルゼンチン)と対戦する。

また注目の対戦カードとして、第10シードのJ・シナー(イタリア)とワイルドカード(主催者推薦)で出場するS・ワウリンカ(スイス)が1回戦で激突する。

男子シングルス上位8シードの1回戦の組み合わせは以下の通り。

(1)ジョコビッチ vs. クォン・スンウ
(2)ナダル vs. セルンドロ
(3)C・ルード(ノルウェー) vs. A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
(4)S・チチパス(ギリシャ) vs. (Q)A・リシャール(スイス)
(5)C・アルカラス(スペイン) vs. J・シュトルフ(ドイツ)
(6)F・オジェ アリアシム(カナダ) vs. M・クレッシー(アメリカ)
(7)H・フルカチュ(ポーランド) vs. A・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) vs. C・ガリン(チリ)

ウィンブルドンは27日より本戦が開幕する。

[PR]ウィンブルドン前哨戦!ATP250 イーストボーン国際
WOWOWオンデマンドで配信中!

ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>