(左から)江原弘泰、今井慎太郎、白石光
画像提供:tennis365.net

今年から新たに創設された新大会 湘南美容クリニック Presents「SBCドリームテニスツアー」は26日、有明テニスの森(東京、ハード)でファーストラウンドの決勝トーナメントが行われ、男子決勝では今井慎太郎が江原弘泰を5-3, 4-0のストレートで破り、優勝を果たした。

>>【映像】SBC予選リーグ、選手インタビュー<<

同大会は優勝賞金1,000万円、既存の国内大会とは一線を画す新たな国内テニストーナメントとして誕生。男女のシングルスで争われ、6月25日と26日にファーストラウンドを開催。その後年内にサードラウンドまで開催され、成績優秀選手によるファイナルラウンドが12月に行われる予定。優勝賞金はファーストラウンドからサードラウンドが各100万円で、ファイナルラウンドの優勝者には1,000万円が贈呈される。

各ラウンドは、初日に予選リーグ(4名x4グループ)が行われ、2日目に予選リーグの1位と2位の計8名による決勝トーナメントが行われる。

また今大会の試合方式は、2ショートセット(4-4でタイブレーク、ノーアドバンテージ)、ファイナル10ポイントマッチタイブレークが採用されている。

25日に行われた予選リーグの結果、決勝トーナメントに進出する男子8名が決定。そして、26日に決勝トーナメントが行われた。結果は以下の通り。

【シングルス準々決勝】

1:今井慎太郎 4-1, 4-1 原﨑朝陽
2:片山翔 5-4, 4-1 田沼諒太
3:江原弘泰 4-1, 1-0(途中棄権) 伊藤竜馬
4:白石光 5-4 (7-2), 5-4 (7-0) 羽澤慎治

【男子シングルス準決勝】
今井慎太郎 4-1, 4-0 片山翔
江原弘泰 4-0, 2-4, [10-6] 白石光

【男子シングルス3位決定戦】
白石光 4-2, 4-1 片山翔

【男子シングルス決勝】
今井慎太郎 5-3, 4-0 江原弘泰


3位の白石光


準優勝の江原弘泰


優勝の今井慎太郎

今大会はテニススクールやテニストーナメントの企画・運営をはじめ、スポーツ治療院、テニス選手の育成支援を行うマサスポーツシステム有限会社が主催し、湘南美容クリニックが特別協賛をする形で実現した。

[PR]ウィンブルドン前哨戦!ATP250 イーストボーン国際
WOWOWオンデマンドで配信中!

ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>