優勝したフリッツ
画像提供:Getty

男子テニスのロスシー・インターナショナル(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)は25日、シングルス決勝が行われ、第3シードのT・フリッツ(アメリカ)が世界ランク60位のM・クレッシー(アメリカ)を6-2, 6-7(4-7), 7-6(7-4)のフルセットで破り、2019年以来2度目の優勝を果たした。

>>フリッツらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

今大会上位4シードが免除のため、2回戦から登場したフリッツ。2回戦では世界ランク94位のT・モンテイロ(ブラジル)をストレートで、準々決勝では世界ランク39位のA・ブブリク(カザフスタン)をストレートで、準決勝では第6シードのA・デ ミノー(オーストラリア)をフルセットで下して勝ち上がった。

同胞対決となった決勝戦、世界ランク14位のフリッツは第1ゲームからブレークに成功すると、第7ゲームでもブレークし第1セットを先取する。

しかし続く第2セット、先行したフリッツだったがタイブレークの末に1セットオールとされる。

勝負のファイナルセット、互いにキープが続いて再びタイブレークへ突入すると、今度はこれに競り勝ち、約2時間15分の一戦を制した。

勝利したフリッツは、R・ナダル(スペイン)を下して優勝した3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以来、今季2度目のツアータイトル獲得となった。また、キャリアでは通算3勝目となった。

男子プロテニス協会(ATP)は公式サイトでフリッツのコメントを紹介。次のように決勝を振り返った。

「この場所には何かがあるんだ。ここは僕が初めてタイトルを取った場所だし、今週の初日にここに来たとき、前よりずっと良いプレーができていると感じた。この場所は、僕の心の中で特別な場所だよ」

「ここに来る前、僕のグラス・シーズンはあまりうまくいっていなかった。でも、これらのプレーヤーに勝てたことは素晴らしいことだし、自信にもなった。ウインブルドンに向けて、今週は本当に良いプレーができたし、気分も良いよ」

[PR]ウィンブルドン前哨戦!ATP250 イーストボーン国際
WOWOWオンデマンドで配信中!

ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>