二宮真琴、穂積絵莉(リベマOP時)
画像提供:Getty

女子テニスのバート・ハンブルグオープン(ドイツ/ハンブルグ、芝、WTA250)は25日、ダブルス決勝が行われ、第1シードの穂積絵莉/ 二宮真琴組が第2シードのE・ルートリフェ(ニュージーランド)/ A・ロソルスカ(ポーランド)組を6-4, 6-7(5-7), [10-5]のフルセットで破り、今季ツアー3度目の優勝を飾った。試合後、優勝を果たした両選手がSNSを通じてコメントを残している。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

穂積はインスタグラムで「誰が芝生の大会で優勝すると思いましたか!?応援してくださった皆様、ありがとうございました」とつづった。

また、二宮もインスタグラム上で「4勝目!!!!今季ハード、クレー、芝 全サーフェス制覇しました。シャンパン3リットルは重かった」とつづっている。

この日、第1セットを先取した穂積/二宮組は第2セットをタイブレークの末に落として1セットオールとされるも、10ポイント制のマッチタイブレークを制して1時間59分で勝利を掴んだ。

2018年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でダブルス準優勝をおさめている穂積/二宮組は、今季1月のアデレード国際2(オーストラリア/アデレード、ハード、WTA250)で、ペアとして初優勝をおさめた。

その後、5月にツアー下部大会にあたるオープン35・ドゥ・ サン・マロ(フランス/サン・マロ、レッドクレー、WTA125)、そしてSARラ・プリンセス・ラーラ・メリヤム・グランプリ(モロッコ/ラバト、レッドクレー、WTA250)でタイトルを獲得し、今大会の優勝で今季ツアー3勝、ペアとして4大会目の優勝を飾った。

27日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の女子ダブルスには、二宮は土居美咲とのペアで出場する。同種目には二宮/土居組のほか、日本勢では第5シードの柴原瑛菜/A・ムハンマド(アメリカ)組、第8シードの青山修子/ チャン・ハオチン(台湾)組、加藤未唯/ A・スーチャディ(インドネシア)組が出場予定。


この投稿をInstagramで見る

Eri Hozumi / 穂積絵莉(@hozumieri.desu)がシェアした投稿



>>穂積絵莉のインスタグラム<<


この投稿をInstagramで見る

Makoto Ninomiya(@makoto_5_tennis)がシェアした投稿



>>二宮真琴のインスタグラム<<

[PR]ウィンブルドン前哨戦!ATP250 イーストボーン国際
WOWOWオンデマンドで配信中!

ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>