ウィンブルドン初白星をあげたシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドンは27日、男子シングルス1回戦が行われ、第10シードのJ・シナー(イタリア)がワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク267位のS・ワウリンカ(スイス)を7-5,4-6,6-3,6-2で破り、大会初白星をあげて初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

20歳のシナーはウィンブルドン2年連続2度目の出場。昨年の同大会は1回戦でM・フチョビッチ(ハンガリー)に敗れ初戦敗退し、白星をあげることはできなかった。

この試合では2度のブレークに成功し第1セットを先取したものの、第2セットでは5度のブレークチャンスをいずれもいかしきれずセットカウント1−1に追いつかれる。それでも、第3セット以降は疲れの見えるワウリンカ相手に19本のウィナーを決め突き放した。試合時間は2時間41分。

試合後の会見でシナーはウィンブルドンでの初勝利を元世界ランク3位のワウリンカからあげたことについて「本当に素晴らしい気分だ。少し時間がかかったけど、2回戦に進出できてうれしい。スタン(ワウリンカ)は素晴らしいチャンピオンで、実際それを何度も見せつけられた。とてもタフな試合だったね。彼がもっと強くなって戻ってくることを祈っている」と語った。

「最初のうちは太陽もあって大変だった。でも、最終的にはいいプレーができたし、いいサービスもできたからとてもハッピーだよ。次のラウンドに自信を持てるようにしたい。僕は5セットマッチが好きなんだ。コートに長くいられるのが好きなんだろうね。その考えが僕を助けてくれる。グランドスラムは観客の入りも違うし、特別な場所だよ」

一方、敗れたワウリンカは2019年以来3年ぶり16度目の出場。四大大会ではウィンブルドン以外の3大会を制しており、同大会でタイトルを獲得すればキャリアグランドスラム達成となったが、今年は優勝することはできなかった。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第5シードのC・アルカラス(スペイン)、第9シードのC・ノリー(イギリス)らが初戦を突破。しかし、昨年4強入りした第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)は1回戦で敗れ姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>