初戦突破を果たしたアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドンは27日、男子シングルス1回戦が行われ、第5シードのC・アルカラス(スペイン)が世界ランク155位のJ・シュトルフ(ドイツ)を4-6,7-5,4-6,7-6 (7-3),6-4の逆転フルセットで破り、2年連続2度目の初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

19歳のアルカラスはシード選手として初めてウィンブルドンに出場。昨年は世界ランク75位として参戦し、2回戦でD・メドベージェフにストレート負けを喫していた。

優勝候補の一角として出場する今大会だが、第1セットは4度のブレークチャンスを決め切ることができずに追いかける展開に。第2セットでは21本ものウィナーを叩き込みセットカウント1−1に追いついたものの、第3セットを落とし崖っぷちに追い込まれる。

第4セットでは互いに決め手を欠きタイブレークに突入するも、最後はアルカラスが意地を見せ勝負はファイナルセットへ。迎えたファイナルセットでは5本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得したアルカラスがシュトルフに1度もブレークチャンスを与えることなく抑え、4時間11分の激闘をものにした。

試合後の会見でアルカラスは「とても楽しむことができたよ。4時間以上の素晴らしい戦いだった。僕にとって芝でプレーすることはとても美しいことなんだ。僕は芝でプレーするのが好き。でも、もう少しレベルを上げないといけないね。今日の自分のレベルには満足しているけど」と語った。

「(シード順位は高いけど)この大会の優勝候補の1人ではないからプレッシャーは感じないよ。もちろん、いいプレーができれば優勝できるレベルにはある。でも、芝コートにはもっと経験豊富なプレーヤーがたくさんいるんだ。優勝を目指す重圧はないね」

2回戦では世界ランク53位のT・フリークスポール(オランダ)と対戦する。フリークスポールは1回戦で同63位のF・フォニーニ(イタリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第10シードのJ・シナー(イタリア)らが初戦突破したものの、昨年4強の第7シード H・フルカチュ(ポーランド)は敗れ1回戦で姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>