初戦突破を果たしたイズナー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドンは27日、男子シングルス1回戦が行われ、第20シードのJ・イズナー(アメリカ)が世界ランク206位のE・クアコー(フランス)を6-7 (6-8),7-6 (7-3),4-6,6-3,7-5の逆転フルセットの熱戦の末に破り、2019年以来3年ぶり11度目の初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

昨年の同大会では1回戦で西岡良仁にフルセットで敗れていた世界ランク24位で37歳のイズナー。この試合もフルセットにもつれ込む激闘となった。

互いにブレークチャンスを握れないまま迎えたタイブレークを落とし先行を許したイズナーだが、第2セットは同じ展開から最後は勝ち取りセットカウント1−1に追いつく。第3セットではこの日初のブレークを奪われ崖っぷちに立たされるも、第4・ファイナルセットでは強烈なサービスを中心に1度もブレークチャンスを与えず。3時間15分で試合を制した。

また、この試合を通してイズナーは合計54本ものサービスエースを放ち、キャリア通算1万3,688本となった。これはI・カルロビッチ(クロアチア)の持つ1万3,728本まであと40本に迫る記録で、今大会中の更新が期待される。

イズナーは2回戦で世界ランク52位のA・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは1回戦で74位のJ・ダックワース(オーストラリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第5シードのC・アルカラス(スペイン)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第10シードのJ・シナー(イタリア)らが初戦突破したものの、昨年4強の第7シード H・フルカチュ(ポーランド)は敗れ1回戦で姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>