西岡良仁
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は28日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク101位の西岡良仁は同48位のE・ルースブオリ(フィンランド)に2-6, 2-6, 6-4, 4-6で敗れ、2年連続の初戦突破とはならなかった。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>シフィオンテクらウィンブルドン女子 組合せ<<

昨年の1回戦ではJ・イズナー(アメリカ)を7-6 (7-5), 2-6, 6-3, 6-7 (3-7), 6-4のフルセットに及ぶ激戦の末に破り、自身初の2回戦進出を決めた西岡。

この試合の第1セット、第3ゲームで2度のブレークチャンスを掴むも活かせず。終盤で4ゲーム連取を許して先行される。第2セット、第6ゲームでブレークを許した西岡。第8ゲームでは8度目のブレークチャンスをものにされ、セットカウント0−2とされる。

第3セットでは第7ゲームでこの日初のブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームで1度のブレークポイントを凌いでセットカウント1−2と追い上げる。

しかし、第4セット、互いにサービスキープが続くも第10ゲームで4度目のブレークチャンスをものにされ、2時間39分で力尽きた。

勝利したルースブオリは2回戦で第27シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)と対戦する。ファン・デ・ザンスフルプは1回戦で世界ランク240位のF・ロペス(スペイン)を6-2, 6-3, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第15シードのR・オペルカ(アメリカ)、第31シードのS・バエス(アルゼンチン)、世界ランク58位のD・ゴファン(ベルギー)らが2回戦に駒を進めている。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>