ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は29日、男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク79位のT・コキナキス(オーストラリア)を6-1, 6-4, 6-2のストレートで破り、13大会連続の3回戦進出を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>本玉vsパリー 1ポイント速報<<

現在ウィンブルドンを3連覇中のジョコビッチは、これまで16度出場して計6度優勝。今大会は1回戦で世界ランク81位のクォン・スンウ(韓国)を6-3, 3-6, 6-3, 6-4で破り、17大会連続の初戦突破を決めた。

また、この勝利によって同大会での通算成績を80勝10敗とし、男女を通じて史上初めてグランドスラムの4大会全てでマッチ80勝を達成した。

この試合の第1セット、序盤で3ゲーム連取に成功したジョコビッチ。第5ゲームで再びブレークを奪うとサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームをラブゲームでキープして30分で先行する。

続く第2セット、ジョコビッチはファーストサービスが入った時に88パーセントの高い確率でポイントを獲得。第3ゲームでブレークに成功しセットカウント2−0とリードを広げる。

第3セットでは第1ゲームでいきなりブレークに成功したジョコビッチ。第5ゲームでもブレークを奪って2度目の顔合わせとなったコキナキスにチャンスを与えることなく勝利した。

勝利したジョコビッチは3回戦で第25シードのM・キツマノビッチ(セルビア)と世界ランク78位のA・タビロ(チリ)の勝者と対戦する。

[PR]ウィンブルドンテニス
第3日 日本勢は本玉 真唯、柴原 瑛菜、青山 修子が登場!
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>