本玉真唯
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は29日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク139位の本玉真唯は同77位のD・パリー(フランス)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、初の3回戦進出とはならなかった。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>シフィオンテクらウィンブルドン女子 組合せ<<

本玉は1回戦で世界ランク53位のC・タウソン(デンマーク)と対戦し、第1セットの4-1時点でタウソンが途中棄権をしたため、初戦突破が決まった。ウィンブルドン初出場ながら予選3試合を勝ち抜いた本玉は、これがグランドスラム初勝利となった。

この試合の第1セット、2度ずつブレークを奪い合うと本玉は第8ゲームで3度目のブレークを許す。そして、パリーのサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでは8度のブレークチャンスを掴むも活かせず先行される。

続く第2セットでは第5ゲームでブレークを許すと5ゲームを連取され、1時間36分で力尽きた。

勝利したパリーは3回戦で第3シードのO・ジャバー(チュニジア)と世界ランク132位のK・カワ(ポーランド)の勝者と対戦する。

同日には第12シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)、第33シードのザン・シュアイ(中国)らが3回戦に駒を進めている。

[PR]ウィンブルドンテニス
第3日 日本勢は本玉 真唯、柴原 瑛菜、青山 修子が登場!
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>