3回戦進出を果たしたアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は29日、男子シングルス2回戦が行われ、第5シードのC・アルカラス(スペイン)が世界ランク53位のT・フリークスポール(オランダ)を6-4,7-6 (7-0),6-3のストレートで破り、大会初の3回戦進出を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>シフィオンテクらウィンブルドン女子 組合せ<<

19歳のアルカラスはこの試合、9本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。第2セットのタイブレークでは圧巻の7ポイント連取を披露するなど終始主導権を握り、2時間6分で勝利した。

試合後の会見でアルカラスは「僕にとってはとても良い試合になった。本当にいいプレーができた。2番コートでのプレーを楽しめたしね。今日勝てて本当にうれしい。でも、よりここで快適に過ごすために、コートでの時間がさらに必要だね」と明かした。

3回戦では第32シードのO・オッテ(ドイツ)と対戦する。オッテは2回戦で世界ランク251位のC・ハリソン(アメリカ)と顔を合わせたが、ハリソンが第1セット途中で棄権したため3回戦に駒を進めた。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第10シードのJ・シナー(イタリア)、第20シードのJ・イズナー(アメリカ)、第22シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)、第23シードのF・ティアフォー(アメリカ)らが2回戦を突破した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>