ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第27シードのL・ソネゴ(イタリア)を6-1, 6-2, 6-4のストレートで破り、2019年以来3年ぶり10度目のベスト16進出を決めた。

>>ナダルらウィンブルドン男子 組合せ<<

2008年と2010年に続く3度目のウィンブルドン制覇を狙うナダル。

初の顔合わせとなったこの一戦、ナダルは第4ゲームで最初のブレークに成功すると、第6ゲームでもブレークを奪い、4ゲームを連取して第1セットを先取する。

第2セット、先行したナダルは序盤から2度のブレークを奪い再び4ゲームを連取してセットカウントを2−0に。

第3セットでは第1ゲームからブレークを奪うも第8ゲームでブレークバックを許す。それでも、直後に2度目のブレークに成功。このリードを守り切り、約2時間で16強入りを決めた。

勝利したナダルは4回戦で第21シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)と対戦する。ファン・デ・ザンスフルプは3回戦で世界ランク69位のR・ガスケ(フランス)を下しての勝ち上がり。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>