ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第27シードのL・ソネゴ(イタリア)を6-1, 6-2, 6-4のストレートで破り、2019年以来3年ぶり10度目のベスト16進出を果たした。試合後には「大会が始まって以来、間違いなくベストマッチだった」と明かした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>ウィンブルドン女子 組合せ<<

2008年と2010年に続く3度目のウィンブルドン制覇を狙うナダル。今大会では1回戦で世界ランク41位のF・セルンドロ(アルゼンチン)、2回戦で同106位のR・ベランキス(リトアニア)を破り11度目の3回戦進出を決めていた。

この試合、序盤から主導権を握ったナダルは1度もブレークチャンスを与えずに65分で第1・第2セットを連取する。第3セットでは第1ゲームでブレークを奪うも第8ゲームでこの日初のブレークを許す。それでも、直後に2度目のブレークに成功し、2時間4分で勝利した。

試合後の会見でナダルは「今日は改善された。そのことにとても満足している。決定力、よりアグレッシブなプレー、何度もネットに向かうことなど、前日よりもずっといいものがたくさんできたと思う」と語った。

勝利したナダルは4回戦で第21シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)と対戦する。ファン・デ・ザンスフルプは3回戦で世界ランク69位のR・ガスケ(フランス)を7-5, 2-6, 7-6 (9-7), 6-1で下しての勝ち上がり。

ファン・デ・ザンスフルプとは2度目の顔合わせでナダルの1勝。今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で初めて対戦しており、ナダルが6-3, 6-2, 6-4のストレート勝ちを収めている。

ナダルはファン・デ・ザンスフルプについて「彼は信じられないほど向上している選手。全仏では良いチャレンジだったし、彼はもっと良くなると思う。多くの素晴らしいものを持つプレーヤーで、僕は今日のようなプレーを続ける必要があるね。アグレッシブにプレーしなければならない。彼はタフな相手だよ」と述べている。

同日には第11シードのT・フリッツ(アメリカ)、第19シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第29シードのJ・ブルックスビー(アメリカ)、世界ランク40位のN・キリオス(オーストラリア)、同56位のB・ナカシマ(アメリカ)、同99位のJ・クブラー(オーストラリア)が16強入りを決めている。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>