青山修子とチャン・ハオチン
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は5日、女子ダブルス準々決勝が行われ、第8シードの青山修子/ チャン・ハオチン(台湾)組は第4シードのL・キチェノック(ウクライナ)/ J・オスタペンコ(ラトビア)組に6-4,1-6,5-7の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>ウィンブルドン女子 組合せ<<

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

昨年のウィンブルドンでは柴原瑛菜とのペアで4強入りしている青山。今大会はチャンとのダブルスで16強入りを決めていた。

第1セット、第2ゲームでブレークに成功した青山/チャン組。自身のサービスゲームで1度もブレークチャンスを与えることなく先行する。しかし、第2セットでは第2ゲームから5ゲームを連取され、セットカウント1−1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、青山/チャン組は序盤で3ゲームを連取。その後は、ブレークを奪い合う展開となるも第9ゲームから4ゲーム連取を許して2時間2分で力尽きた。

勝利したキチェノック/オスタペンコ組は準決勝で第2シードのB・クレチコバ(チェコ)/ K・シニアコバ(チェコ)組と対戦する。クレチコバ/シニアコバ組は第10シードのN・メリチャー(アメリカ)/ E・ペレス(オーストラリア)組を1-6, 7-6 (7-2), 6-2の逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>