ウィンブルドンでの西岡良仁
画像提供:Getty

男子テニスのポルト・オープン(ポルトガル/ポルト、ハード、ATPチャレンジャー)は5日、シングルス1回戦が行われ、第2シードの西岡良仁が世界ランク218位のA・クズネツォフを7-6 (7-5), 7-5のストレートで下し、初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

現在行われているウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では世界ランク48位のE・ルースブオリ(フィンランド)に2-6, 2-6, 6-4, 4-6で敗れ、2年連続の初戦突破を逃した西岡。

この試合の第1セット、第9ゲームで先にブレークに成功した西岡だったが、直後の第10ゲームでブレークバックを許し、タイブレークに突入。3度のミニブレークを奪い、先行する。

続く第2セットでは第1ゲームでブレークを許したものの、終盤となる第9ゲームから4ゲームを連取して1時間59分で勝利した。

勝利した西岡は2回戦で世界ランク233位のE・ナヴァ(アメリカ)と予選通過者で同972位のT・ベルッチ(ブラジル)の勝者と対戦する。

西岡がチャレンジャー大会に出場するのは今季3度目。1月のテニス・オハイオ・チャンピオンシップス(アメリカ/コロンバス、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝。その翌週のクリーブランドオープン(クリーブランド/アメリカ、ハード、ATPチャレンジャー)では準優勝を果たしている。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>