ニック・キリオスがベスト4進出
画像提供:Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク40位のN・キリオス(オーストラリア)が同43位のC・ガリン(チリ)を6-4, 6-3, 7-6(7-5)のストレートで下し、グランドスラムで自身初のベスト4進出を果たした。

>>キリオス準決勝 1ポイント速報<<

>>キリオスらウィンブルドン男子 組合せ<<

キリオスは4回戦で世界ランク56位のB・ナカシマ(アメリカ)を4-6, 6-4, 7-6 (7-2), 3-6, 6-2のフルセットで破り、2014年以来8年ぶり2度目のベスト8進出。

一方、ガリンは4回戦で第19シードのA・デ ミノー(オーストラリア)を2-6, 5-7, 7-6 (7-3), 6-4, 7-6 (10-6)の逆転で下し、大会初の8強入りを決めた。

初顔合わせとなったこの一戦、オープニングゲームでガリンにブレークを許したキリオスは第6ゲームでブレークバックに成功。キリオスは第9ゲームで2度のブレークポイントを握られるもこれを凌ぐと、第10ゲームをラブゲームでブレークして第1セットを先取する。

第2セット、キリオスは第4ゲームをラブゲームでブレークに成功。キリオスは第5ゲーム、第7ゲームでブレークポイントを与えるもいずれも凌ぎ、2セットを連取して王手をかける。

第3セット、互いにサービスゲームをキープしてタイブレークに突入。キリオスがポイント3-5から逆転して勝利を掴んだ。

キリオスは2014年のウィンブルドンで当時1位のR・ナダル(スペイン)を破ってベスト8進出を果たすと、翌年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でも8強入りを果たし、これがグランドスラムでの最高成績だった。

キリオスは初のグランドスラム準決勝の舞台で、第2シードのナダルと第11シードのT・フリッツ(アメリカ)の勝者と対戦する。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>