国枝慎吾
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子車いすテニスのダブルス準決勝が行われ、第2シードの国枝慎吾/ G・フェルナンデス(アルゼンチン)組が小田凱人/ N・パイファー(フランス)組を6-4,6-2のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>ジャバーvsリバキナ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチvsキリオス 1ポイント速報<<

同日の第1試合でシングルスを戦いJ・ジェラルド(ベルギー)に快勝して決勝進出を決めていた国枝。数時間後に組まれたこの試合でも国枝は躍動する。フェルナンデスとのペアで16度のブレークチャンスを創出し、そのうち5度のブレークに成功。サービスゲームではブレークを2度に抑え、1時間31分で勝利した。

国枝/ フェルナンデス組は決勝で第1シードのA・ヒューエット(イギリス)/ G・リード(イギリス)組と対戦する。国枝は2006年、2013年、2014年にダブルスを制しており、4度目の優勝がかかる。

また、シングルスでは大会初制覇を狙い、フェルナンデスを準決勝で下したヒューエットと顔を合わせる。

[PR]ウィンブルドンテニス
第13日 女子シングルス決勝 リバキナvsジャバー
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>