全仏OPでのドミニク・ティーム
画像提供:Getty

男子テニスで元世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)は9日にインスタグラムを更新。復帰後初白星を挙げるも2回戦敗退となったザルツブルク・オープン(オーストリア/ザルツブルク、クレー、ATPチャレンジャー)を振り返った。

>>国枝 慎吾vsヒューエット 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチvsキリオス 1ポイント速報<<

現在、世界ランク346位のティームは昨年6月に右手首を負傷。今年3月のエニーテック365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、クレー、ATPチャレンジャー)でツアー復帰を果たすも、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)やBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む7大会で初戦敗退となっており、白星を挙げられていなかった。

それでも、今大会の1回戦では予選勝者で世界ランク210位のF・ミソリック(オーストリア)をストレートで撃破。2回戦で第7シードのF・バグニス(アルゼンチン)にフルセットの末に敗れたものの、昨年5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)以来となる10カ月ぶりの勝利を挙げた。

ティームはインスタグラムでこの大会について振り返り、次のようにつづった。

「望んでいた結果ではなかったけど、ザルツブルクでは全力を尽くした。本当に心強い進歩で419日ぶりの勝利に満足している。来週のノルデア・オープンが待ち遠しい」

28歳のティームは11日に開幕するノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)への出場を予定しており、1回戦で世界ランク49位のE・ルースブオリ(フィンランド)と顔を合わせる。

[PR]ウィンブルドンテニス
第14日 男子シングルス決勝 ジョコビッチvsキリオス
6/27(月)〜7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>