ウィンブルドンのダニエル太郎
画像提供:Getty

男子テニスのヴァン・モッセルKIAダッチオープン(オランダ/アメルスフォールト、クレー、ATPチャレンジャー)は11日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのダニエル太郎が世界ランク225位のE・フルネス(フランス)を6-2, 5-7, 7-6 (7-3)のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では、初戦で世界ランク34位のS・バエス(アルゼンチン)にストレートで敗れたダニエル。この日、序盤で2ゲーム連取に成功したダニエルは第3ゲームでブレークバックされるも、その後の第4・第6・第8ゲームでブレーク成功し41分で第1セットを先取。

続く第2セットでは序盤でブレークされるも第8ゲームでブレークバックに成功。しかし、第10ゲームから3ゲーム連取され、1時間6分で1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、両者は1度ずつのブレークを奪い、タイブレークに突入。ダニエルは3度のミニブレークに成功し2時間48分で勝利した。

勝利したダニエルは2回戦で世界ランク256位のL・ロコリ(フランス)と同319位のO・ホセ・グティエレス(ブラジル)の勝者と対戦する。

同日の1回戦には、第2シードのR・カルバレス バエナ(スペイン)と世界ランク168位のZ・ピロシュ(ハンガリー)が2回戦へ駒を進めた。