欠場を発表したシナー(画像はWB)
画像提供:ゲッティイメージズ

18日に開幕する男子テニスのハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は15日に公式ツイッターを更新し、世界ランク10位のJ・シナー(イタリア)が負傷のため欠場すると発表した。

ツイッターにはシナーのコメントが掲載されており「チームと話し合った結果、ハンブルクには出場しないと言う決断に至った。準々決勝の試合で倒れた時に軽く足首を捻ってしまい、次の大会のウマグまで大事をとってもう少し休養を取ることが最善だと決断した。ハンブルクという街も大会も大好きで、そこでプレーすることを楽しみにしていた」と述べている。

20歳のシナーは前週まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場しS・ワウリンカ(スイス)やJ・イズナー(アメリカ)、C・アルカラス(スペイン)らを下し同大会初のベスト8に進出。準々決勝のN・ジョコビッチ(セルビア)戦では7-5,6-2,3-6,2-6,2-6の逆転負けを喫しており、その試合の第4セットで転倒した際の負傷が完治していないと明かした。

今後は25日に開幕するクロアチア・オープン・ウマグ(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)への出場を予定している。

ハンブルグ・ヨーロピアンオープンにはアルカラスやA・ルブレフ、D・シュワルツマン(アルゼンチン)、P・カレノ=ブスタ(スペイン)、K・ハチャノフ、B・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)、B・チョリッチ(クロアチア)、A・ブブリク(カザフスタン)、F・クライノビッチ(セルビア)らが出場する。


>>ハンブルグ・ヨーロピアンオープンのツイートはこちら<<