大坂なおみ
画像提供:Getty

女子テニスの7月18日付WTA世界ランキングが発表され、大坂なおみは2上げて38位に浮上した。

大坂は4月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)で左足首(アキレス腱)を負傷。その後は負傷が完治しないなか、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場して初戦で敗退した。芝シーズンに入ってもツアーに復帰できるほど回復しておらず、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)などを欠場。

今後は8月7日に開幕するナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)にエントリーしており、出場すれば約2カ月ぶりの公式戦となる。

7月18日付の女子WTA世界ランキングの上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ -]…I・シフィオンテク(ポーランド)
8,336ポイント(8,336ポイント)

■2位[ ‐ ]…A・コンタベイト(エストニア)
4,326ポイント(4,326ポイント)

■3位[ ‐ ]…M・サッカリ(ギリシャ)
4,190ポイント(4,190ポイント)

■4位[ ‐ ]…P・バドサ(スペイン)
4,030ポイント(4,030ポイント)

■5位[ ‐ ]…O・ジャバー(チュニジア)
4,010ポイント(4,010ポイント)

■6位[ ‐ ]…A・サバレンカ
3,267ポイント(3,267ポイント)

■7位[ ↑1 ]…J・ペグラ(アメリカ)
3,087ポイント(3,087ポイント)

■8位[ ↓1 ]…D・コリンズ(アメリカ)
3,022ポイント(3,131ポイント)

■9位[ ‐ ]…G・ムグルサ(スペイン)
2,886ポイント(2,886ポイント)

■10位[ ‐ ]…E・ラドゥカヌ(イギリス)
2,717ポイント(2,717ポイント)