全仏OPでの土居美咲
画像提供:Getty

女子テニスのハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)は18日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク107位の土居美咲が同177位のO・セレクメテワを7-6(12-10), 6-0のストレートで破り、初戦突破を決めた。

前週のレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、WTA250)では、同124位のO・ダニロヴィッチ(セルビア)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、6大会連続の初戦敗退となった土居。

この日は第4ゲームでブレークを先に奪われるも、第7ゲームでブレークバックに成功。タイブレークに突入すると6度のミニブレークを奪い第1セットを先行する。

続く第2セット、3度のブレークから6ゲームを連取しベーグルで試合を決める。2時間の一戦を制し、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)以来となる公式戦白星を飾った。

勝利した土居は2回戦で第8シードのA・ペトコビッチ(ドイツ)か世界ランク112位のT・コルパッチ(ドイツ)の勝者と対戦する。