大坂なおみ
画像提供:Getty

8月1日に開幕する女子テニスのムバダラ・シリコンバレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)は18日、世界ランク38位の大坂なおみがワイルドカード(主催者推薦)で出場すると発表した。

大坂は4月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)で左足首(アキレス腱)を負傷。その後は負傷が完治しないなか、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場して初戦で敗退した。芝シーズンに入ってもツアーに復帰できるほど回復しておらず、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)などを欠場。

8月7日に開幕するナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)にエントリーしていたが、復帰が1週間早まるかたちとなった。ムバダラ・シリコンバレー・クラシックに出場すれば約2カ月ぶりの公式戦となる。

ムバダラ・シリコンバレー・クラシックには大坂のほかに、O・ジャバー(チュニジア)やP・バドサ(スペイン)、M・サッカリ(ギリシャ)、A・サバレンカ、Ka・プリスコバ(チェコ)、D・コリンズ(アメリカ)、G・ムグルサ(スペイン)、C・ガウフ(アメリカ)、D・カサトキナ、E・リバキナ(カザフスタン)らが出場を予定している。