ロレンツォ・ムセッティ
画像提供:Getty

男子テニスのハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は18日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク62位のL・ムセッティ(イタリア)が同75位のD・ラヨビッチ(セルビア)を6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-3の逆転で破り、初戦突破を果たした。

20歳のムセッティは5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、6月のボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)とシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)、今月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)と前週のノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)とATPツアーでは5大会連続の初戦敗退を喫していた。

この試合の第1セット、互いに1度ずつブレークを奪い合いタイブレークに突入。ムセッティは1度のミニブレークを許し先行される。続く第2セットでは第10・第12ゲームでマッチポイントとなるブレークポイントを2度握られるも守り切り、再びタイブレークに突入。2度のミニブレークを奪ってセットカウント1−1と追いつく。

迎えたファイナルセット、ムセッティはファーストサービスが入ったときに84パーセントの確率でポイントを獲得。第2ゲームでブレークに成功すると、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームでは2度のブレークポイントを凌ぎ、2時間55分で勝利した。

勝利したムセッティは2回戦で第3シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)と世界ランク42位のE・ルースブオリ(フィンランド)の勝者と対戦する。

同日には第7シードのK・ハチャノフ、世界ランク35位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)らが2回戦に駒を進めている。