ウィンブルドンでのセリーナ・ウィリアムズ
画像提供:Getty

8月13日に開幕する女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)は19日に出場予定選手(エントリーリスト)を公開し、元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が2020年以来2年ぶりに出場することが明らかとなった。

40歳のセリーナは今月10日に幕を閉じたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で約1年ぶりにツアー復帰を果たしていたが、初戦敗退となっていた。

W&Sオープンに10度目の出場となるセリーナ。同大会では2014年と2015年に優勝。最後の出場となった2020年では3回戦でM・サッカリ(ギリシャ)に敗れ、ベスト8進出を逃している。

今大会には5人の元チャンピオンが出場を予定。セリーナの他に2度の優勝(2013年・2020年)を誇るV・アザレンカ、2019年の女王M・キーズ(アメリカ)、2017年の女王G・ムグルサ(スペイン)、2016年の女王Ka・プリスコバ(チェコ)が名を連ねる。

また、2020年に準優勝を果たしている大坂なおみも出場を予定。5度目の出場で初の優勝を目指す。

W&Sオープンのエントリーリストは以下の通り。

I・シフィオンテク(ポーランド)
A・コンタベイト(エストニア)
サッカリ
P・バドサ(スペイン)
O・ジャバー(チュニジア)
A・サバレンカ
J・ペグラ(アメリカ)
D・コリンズ(アメリカ)
ムグルサ
E・ラドゥカヌ(イギリス)
C・ガウフ(アメリカ)
D・カサトキナ
B・ベンチッチ(スイス)
L・フェルナンデス(カナダ)
プリスコバ
S・ハレプ(ルーマニア)
J・オスタペンコ(ラトビア)
V・クデルメトバ
B・クレチコバ(チェコ)
アザレンカ
J・タイシュマン(スイス)
A・アニシモワ(アメリカ)
E・リバキナ(カザフスタン)
M・トレヴィサン(イタリア)
P・クヴィトバ(チェコ)
B・ハダッド=マイア(ブラジル)
キーズ
E・アレクサンドロワ
C・ジョルジ(イタリア)
E・メルテンス(ベルギー)
A・ケルバー(ドイツ)
A・リスケ(アメリカ)
S・シルステア(ルーマニア)
K・カネピ(エストニア)
A・サスノビッチ
ザン・シュアイ(中国)
A・コルネ(フランス)
大坂なおみ
Y・プチンセワ(カザフスタン)
B・アンドレースク(カナダ)
K・ムチョバ(チェコ)