ウィンブルドンでの土居美咲
画像提供:Getty

女子テニスのハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク107位の土居美咲は第8シードのA・ペトコビッチ(ドイツ)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、1月のアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、WTA500)以来 約6カ月ぶり今季2度目のベスト8進出とはならなかった。

前週のレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、WTA250)では世界ランク124位のO・ダニロヴィッチ(セルビア)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、6大会連続の初戦敗退となった土居。

今大会の1回戦では世界ランク177位のO・セレクメテワをストレートで破り、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)以来となる公式戦白星を飾っていた。

この試合の第1セット、第1ゲームでいきなりブレークを許した土居は第5ゲームで再びブレークを奪われる。直後の第6ゲームで1度のブレークバックに成功したものの、2度目のサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをキープされ、先行される。

続く第2セット、巻き返しをはかりたい土居だったが、終盤でペトコビッチに4ゲームを連取されて1時間43分で力尽きた。

勝利したペトコビッチは準々決勝で第1シードのA・コンタベイト(エストニア)と世界ランク93位のR・ピーターソン(スウェーデン)の勝者と対戦する。

また、土居は同大会のダブルスにも出場。ピーターソンとのペアで1回戦に登場し、U・エイケリ(ノルウェー)/ A・フリードサム組を4-6,6-2,[10-8]の逆転で破り初戦突破を決めている。2回戦では第1シードのI・バラ(ルーマニア)/ M・ニクルスク(ルーマニア)組と顔を合わせる。