全仏OPでの加藤未唯
画像提供:Getty

女子テニスのハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)は21日、ダブルス準決勝が行われ、第3シードの加藤未唯/ A・スーチャディ(インドネシア)組が第1シードのI・バラ(ルーマニア)/ M・ニクルスク(ルーマニア)組を6-4,1-6,[10−4]のフルセットで破り、決勝進出を果たした。

この試合、加藤とスーチャディのペアは2度のブレークに成功し第1セットを先取したものの、第2セットでは3度ブレークを許しセットカウント1−1に追いつかれる。それでも10ポイント制のマッチタイブレークでは6度のミニブレークに成功し、1時間19分で優勝に王手をかけた。

加藤とスーチャディは前週のレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、WTA250)で4強入り。ペアとしては同大会が最高成績となっており、今回優勝すれば初のタイトル獲得となる。

決勝ではS・チャン(アメリカ)/ A・クリコフ(アメリカ)組と対戦する。同ペアは準決勝でA・ポタポヴァ/ Y・シジコワを逆転で下しての勝ち上がり。