ドミニク・ティーム(全仏OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのEFG スイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)は22日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク274位のD・ティーム(オーストリア)が同115位のJ・パブロ・バリジャス(ペルー)を6-4, 6-3で破り、1年2ヶ月ぶりに4強入りを果たした。

元世界ランク3位のティームは前週のノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)で、準決勝に進出した昨年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)以来となるツアー8強に駒を進めていた。

今大会は1回戦で第7シードのH・ガストン(フランス)を逆転で破ると、2回戦では同125位のF・デルボニス(アルゼンチン)をストレートで退けて2週連続で8強入りを果たす。

初顔合わせとなったパブロ・バリジャスとの一戦、第1セットはティームが2度のブレークに成功して先取する。

第2セット、第1ゲームでブレークを奪ったティームは第5ゲームでもブレークに成功。ティームは第8ゲームでバリジャスにブレークバックを許すも、第9ゲームで再びブレークを奪って1時間46分で勝利を手にした。

試合後のティームのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「昨日は良い試合ができたので、今日はそれを裏付けることができたよ」と語った。

「(第2セットの5-2で)サービスキープをできなかったけど、1年半ぶりの準決勝で少し緊張していたのも事実だ。ランキングを上げるためには、ポイントが必要なんだ。緊張を断ち切ることができてよかった」

「明日はフリーで試合に臨めるので、ベストを尽くしたい」

「先週バスタッドに出場したときはまさか準々決勝まで勝ち上がって、さらに(今週)準決勝まで進めるとは思っていなかった。本当に良かったし、進歩に満足しているよ」

ティームは準決勝で、第2シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と第5シードのP・マルティネス(スペイン)の勝者と対戦する。

ティームが最後に決勝進出を果たしたのは、2020年11月のツアー最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)まで遡る。