内山靖崇(全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのレジーブ・ラム・ファウンデーション(アメリカ/インディアナポリス、ハード、ATPチャレンジャー)は23日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク243位の内山靖崇は同233位のウー・イービン(中国)に5-7, 3-6で敗れ、決勝進出はならなかった。

前週のジョージア・ローム・チャレンジャー(アメリカ/ローム、ハード、ATPチャレンジャー)に続き、2週連続でベスト4に進出した内山。

初対戦のウーに対して内山は第1セット、第3ゲームで先にブレークに成功すると第7ゲームでもブレークして5-2とリードするが、ここから5ゲーム連取を許して先行される。

第2セット、内山は第4ゲームでブレークを許すと1度もブレークポイントを掴むことができず、1時間22分で敗れた。

勝利したウーは決勝で、世界ランク269位のA・コヴァチェビッチ(アメリカ)と対戦する。