全仏OPでの日比野菜緒
画像提供:Getty

女子テニスのライブスポーツ・プラハ・オープン(チェコ/プラハ、ハード、WTA250)は23日、シングルス予選の1回戦が行われ、世界ランク259位の日比野菜緒が第12シードのR・スランコバ(スロバキア)を7-6 (11-9), 6-1のストレートで破り、予選決勝進出を果たした。

>>ルードvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

現在行われているハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)では予選2試合を勝ち抜き本戦入りを決めた日比野だったが、1回戦で世界ランク172位のA・カダントゥ(ルーマニア)にフルセットで敗れ初戦敗退。昨年6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来 約1年1カ月ぶりのツアー本戦での白星とはならなかった。

この試合の第1セット、互いに2度ずつブレークを奪い合いタイブレークに突入。5度目のセットポイントを活かした日比野が先行する。続く第2セットではファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得した日比野。リターンゲームでは2度のブレークを奪い、1時間38分で勝利した。

勝利した日比野は予選決勝で第5シードのO・セレフメテヴァと対戦する。セレフメテヴァは1回戦で世界ランク354位のN・バルタンコヴァ(チェコ)を6-2, 5-7, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

ライブスポーツ・プラハ・オープン本戦の第1シードはA・コンタベイト(エストニア)、第2シードはB・クレチコバ(チェコ)、第3シードはE・メルテンス(ベルギー)、第4シードはS・シルステア(ルーマニア)、第5シードはA・コルネ(フランス)、第6シードはA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)、第7シードはA・ポタポヴァ、第8シードはM・ブズコバ(チェコ)。