ウィンブルドンでのキリオス
画像提供:Getty

8月14日に開幕する男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は25日、世界ランク47位のN・キリオス(オーストラリア)がワイルドカード(主催者推薦)で出場すると発表した。

>>ダニエル 太郎らアトランタ・オープン組み合わせ<<

>>28日開幕インターハイ団体 組合せ<<

27歳のキリオスが同大会に出場するのは2019年以来3年ぶり6度目。前回は2回戦でK・ハチャノフに逆転負けを喫した。また、最高成績は2017年に記録した準優勝で、そのときはD・ゴファン(ベルギー)やR・ナダル(スペイン)、D・フェレール(スペイン)らを下したが、決勝でG・ディミトロフ(ブルガリア)にストレート負けしている。

今シーズンのキリオスはツアー優勝こそないものの、3月のBNPパリバ・オープン (アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で8強、6月のテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)でベスト4、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではS・チチパス(ギリシャ)やF・クライノビッチ(セルビア)らを破り四大大会初の決勝に進出。最後はN・ジョコビッチ(セルビア)に屈したが、準優勝を果たした。

W&Sオープンの出場予定選手は以下の通り。

D・メドベージェフ
A・ズベレフ(ドイツ)
R・ナダル
S・チチパス
C・ルード(ノルウェー)
C・アルカラス(スペイン)
N・ジョコビッチ
A・ルブレフ
F・オジェ アリアシム(カナダ)
J・シナー(イタリア)
C・ノリー(イギリス)
H・フルカチュ(ポーランド)
T・フリッツ(アメリカ)
D・シュワルツマン(アルゼンチン)
M・ベレッティーニ(イタリア)
M・チリッチ(クロアチア)
R・オペルカ(アメリカ)
G・ディミトロフ
R・バウティスタ=アグ(スペイン)
G・モンフィス(フランス)
D・シャポバロフ(カナダ)
J・イズナー(アメリカ)
P・カレノ=ブスタ(スペイン)
A・デ ミノー(オーストラリア)
B・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)
K・ハチャノフ
H・ルーネ(デンマーク)
N・バシラシヴィリ(ジョージア)
F・ティアフォー(アメリカ)
F・セルンドロ(アルゼンチン)
M・キツマノビッチ(セルビア)
S・バエス(アルゼンチン)
M・クレッシー(アメリカ)
T・ポール(アメリカ)
A・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)
D・エヴァンス(イギリス)
A・カラツェフ
O・オッテ(ドイツ)
A・ブブリク(カザフスタン)
A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
J・ブルックスビー(アメリカ)
B・チョリッチ(クロアチア)
D・ティーム(オーストリア)
S・ワウリンカ(スイス)
N・キリオス