加藤未唯
画像提供:Getty

女子テニスのライブスポーツ・プラハ・オープン(チェコ/プラハ、ハード、WTA250)は26日、ダブルス1回戦が行われ、第3シードの加藤未唯/ S・マレー・シャラン(イギリス)組がI・ニール(アメリカ)/ A・シャルマ(オーストラリア)組を7-5, 6-4のストレートで破り、初戦突破を果たすとともにベスト8進出を決めた。

準優勝となった前週のハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)までA・スーチャディ(インドネシア)とペアを組んでいた加藤。マレー・シャランとペアを組むのは今大会が初となった。

この試合の第1セット、互いに2度のブレークを奪い合うと加藤/ マレー・シャラン組が第12ゲームで3度目のブレークに成功し先行する。続く第2セットでは第1ゲームでいきなりブレークを許すも終盤で4ゲームを連取し、1時間22分で勝利した。

勝利した加藤/ マレー・シャラン組は準々決勝でL・フラデカ(チェコ)/ A・フラバーチコバ(チェコ)組と対戦する。フラデカ/ フラバーチコバ組は1回戦でM・コロジエホヴァ(チェコ)/ A・デルタイック(チェコ)組を5-7, 6-2, [10-3]の逆転で下しての勝ち上がり。